moissanite

モアッサナイトの誕生

1893年、地球に落ちてきた隕石の衝突跡から発見されました。

宇宙からの贈り物とも呼ばれる天然モアッサナイトを生み出すことは極めて難しいのですが、
現代の科学者たちの功績によりアメリカで人工的に作り出すことに成功しました。

数々の優秀な特徴

衝撃の強さはトップクラス。
表面の傷つきやすさを表すモース硬度も9.5 と、宝石の中ではダイヤモンドの10に次いで高い数値。

輝きレベル「ファイア」はダイヤモンドの2.5倍。
白い輝きを作り出す「ブリリアンス」や、表面の光沢を表す指標においても、
ダイヤモンドより高い数値。
地球上の宝石のなかで最高峰の輝きとクリアな美しさを持ちます。

ダイヤモンドは油脂を吸着しやすいのに対し、モアッサナイトは油脂を寄せ付けにくいため、
クリーニングをしなくても輝きが曇らず、長く持続するというメリットがあります。

採掘による自然破壊なし

近年一部のダイヤモンドが、紛争を起こす反政府組織の資金源となるなどの倫理的な理由から
モアッサナイトを選択する人が増えています。

また過剰採掘が自然環境を壊すことなども問題視されています。
消費者がモノを選ぶ際、その商品の背景にある倫理的側面も重要視するようになった
現代社会のニーズにも、モアッサナイトはフィットしています。

×